テーマ:岐阜市 忘年会・新年会

亀姫御膳 師走月のお献立

 茶一服~其の壱 金木犀茶 御座附    二文字屋名物柿の葉造り: 山葵 加減酢 師走善彩   柿釜‐胡麻クリーム和え・いくら小茶碗・天上昆布・戌香合(麩の焼) 酒 肴    自家製からすみ炙り  茶一服~其の弐 白菊茶 吹寄せ八寸 毬栗仕立て・栗琥珀煮・柿玉子・松葉そば・茸東寺揚げ・むかご銀杏松葉串・木の葉せんべい 御 椀…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

≪加納宿風流ー黎明の曙光≫

【御座付】鶴向附ー日の出仕立て 【宝  袋】五色なます 柿そーす  【旬  彩】黒豆柔か煮 二文字屋風 【  楪 】からすみ大根 炭焜炉 【御  椀】常磐芯丈 【御造り】御鯛姿造り 山葵     【強 肴】岐阜之名物飛騨牛石焼き 【強 肴】焼き玉葱羽二重豆腐 【  亦 】伝宝蒸しー御手柔か仕立て 【お食事】うなぎぷ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

二文字屋の牛しゃぶ

二文字屋牛しゃぶアルバム二文字屋の牛しゃぶ   二文字屋流の牛しゃぶは食べやすい様に、牛肉だけは一人盛りにしてあるのが独特の特徴。牛肉のみ 一人盛りにする事により、とても食べやすく、自分の好みの霜降り加減で、自分のペースで、気持ちよく、たっぷりと、美味しく優雅に食べるという事を考えた時、とても理にかなったスタイルです…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

御座付=正月三珍(しょうがつさんちん)

御座付=正月三珍(しょうがつさんちん) ☆干支である 戌の香合の器には、器に合せて、小さく切った蓬麩に、練り味噌を塗って、パイ皮を巻いてオーブンで焼きました。ツクバネと共に盛りました。 ☆紅白餅の形の器には、五色なます(干し柿・きゅうり・大根・京人参・キクラゲ)に、オリジナルの熟柿そーすをかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善彩・松茸パイ包み焼き

善彩・松茸パイ包み焼き 衣かつぎ・茶豆・骨煎餅と共に、松茸をパイ皮で包んで焼き上げました。 焼きたてで出す、温かい前菜です。 感性を刺激し、情緒を豊かにして楽しんでいただけますように。そして、それが皆様の明日への活力となりますように幸呼ブ料理御用意シテマス岐阜の鵜飼岐阜の名物メディア紹介お品書き料理アルバム=綺麗味二文字屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛しゃぶしゃぶ

二文字屋牛しゃぶアルバム牛しゃぶしゃぶ二文字屋流の牛しゃぶは、肉のみ 一人盛りにする事により、自分の好みの霜降り加減で、自分のペースで、優雅に食べる事が出来る。美味しく食べる為に、とても理に適ったスタイルです。一緒盛りの様に量をごまかす事が出来ない、お客様にとっては、大満足でお得な『牛しゃぶ』になっています。知る人ぞ知る、二文字屋オリジ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

丹波の黒豆ブランデー煮

丹波の黒豆ブランデー煮 ①備長炭を燃やして出来た灰を水で溶いて一晩置く。 ②灰水(アク)の上澄みを掬い取る。 ③丹波の黒豆を灰汁の上澄みに一晩浸ける。 ④浸けた丹波の黒豆をそのままトロ火に掛けて、 灰汁を少しずつ足しながら三日三晩柔らかくなるまで茹で続ける。 ⑤豆を一粒救って、壁に向かって投げつける。 投げ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

乾山-竜田川向付け

≪乾山-竜田川向付け≫乾山写しの白井半七の流れを汲む「竜田川」の向付け(むこうつけ)の器です。 日本文化の中で、「紅葉の代名詞」と謂える ≪川≫と≪紅葉≫を独特のデフォルメにより、これだけで『秋』を表現しています。この表現力に初めて触れたとき、震えるような感動を覚えました。これこそ 他国の物真似では無い、独自の《真のオリジナル》と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柿の葉造り(其の參)

柿の葉造り(其の參) 柿の葉の間には、昆布〆にして、薄く切ったヒラメを盛り付けてあります。 asahi.com 百年企業@東海 感性を刺激し、情緒を豊かにして楽しんでいただけますように。そして、それが皆様の明日への活力となりますように幸呼ブ料理御用意シテマス岐阜の鵜飼メディア紹介お品書き(総合メニュー)料理アルバム=綺麗味…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

柿の葉造り(其の弐)

柿の葉造り(其の弐) 色付いた柿の葉は、枝から落ちる前のものを使う事が大事。一枚一枚、丁寧に、柿の木の枝から取ります。 asahi.com 百年企業@東海 感性を刺激し、情緒を豊かにして楽しんでいただけますように。そして、それが皆様の明日への活力となりますように幸呼ブ料理御用意シテマス岐阜の鵜飼メディア紹介お品書き(総合メ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

柿の葉造り(其の壱)

柿の葉造り(其の壱) 紅葉した柿の葉はとても美しいと思います。人間がつけた色ではなく、自然の力によってつけられた、正に神の力によって色付いた色といえます。中でも、紅葉した柿の葉の美しさには神秘を感じます。そこで、この色付いた柿の葉そのものを『御馳走』として出せないものかと考えました。 感性を刺激し、情緒を豊かにして楽しんでいただ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more